7月2012

粉ミルクから豆まで、中国の食の安全が崩壊状態

From Milk to Peas, a Chinese Food-Safety Mess
粉ミルクから豆まで、中国の食の安全が崩壊状態

単語・イディオム
laced with:「混入している」
relaxation:「(規制などの)緩和」
welter of:「寄せ集めの」

要約
中国で市販されている乳児用粉ミルクから水銀が検出され、メーカーが自主回収に踏み切るというショッキングな事件が話題を呼んでいるが、中国国内ではこのほかにも食の安全に関するスキャンダルが頻発している。食品油が下水交じりの状態でドブから回収されて再利用されていたケースや、干からびた豆を漂白剤に漬けて着色した「人工グリーンピース」、細菌に汚染されているために暗闇で光る肉まんなどの例が後を絶たない。最近では、食の安全に関するインターネット検索が検閲対象になっているとの報告もある。また、これらのスキャンダルの影響で乳製品メーカーを中心に株価が下落し、ヨーロッパ等の投資家にとっては絶好の投資機会となっている。混迷を極める事態を前に中国政府は対策に追われているが、互いに相反する規制が入り乱れているため、改善につながらないのが実情だ。(NY在住の翻訳家、横島智子)

————————————————-

コメント
このほかにもいくつかの例が挙げられていて、かなり衝撃的です。人工グリーンピースなどいくつかの例については過去記事へのリンクが張ってあり、それぞれ詳しく読むことができます。

「一人熱中症」に注意:海原純子のハート通信

 毎日本当に暑い。熱中症については皆さんよくご存じだと思いますが、スポーツトレーナーの間で「一人熱中症」と言われているものがある。陽が照りつける路上を、スポーツウエアを着こみ、さらにジャンパーを着て走っている人や、スポーツクラブでサウナスーツを着てマシントレーニングをしている人に起きるのだという。

 確かにトレーニングというより…
続きはこちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=62439

今日のひとこと

夏には夏の、秋には秋にあう食べ物や、着るものがある。

今の季節、今の自分にぴったりの服が快適で心地よい。

若い頃の服はサイズが同じでもなんとなく居心地が悪いなら、

今の季節に最もふさわしい新しい自分を楽しもう。

読売新聞・夕刊「交遊録」(4)安住の場は「お隣同士」


↑クリックで拡大します。

あなたの明日を変える、32の発明

32 Innovations That Will Change Your Tomorrow
あなたの明日を変える、32の発明

単語・イディオム
housebroken:「(犬が)トイレのしつけができている」

要約
1800年代初頭に発明された白熱電球は、約80年もの時間を経てエジソンの手によって実用化された。その間は、どうにも煮え切らないいわば「失敗作」の発明品として扱われてきたのだ。その後、発電による利潤が安定し、白熱電球が当たり前に使われるようになるまでにはさらに40年がかかっている。我々は勘違いしがちだが、革命的な発見というものは最初から成功するわけではないし、永久に成功するわけでもない。必要とされるものは変わり続ける。白熱電球も、LED電球等の台頭(LEDもまたかつては失敗作扱いだったが)によって再び失敗作の座に落ちようとしている。革命的な発明というのは、かくして、すべて幾何かは失敗作であり、瑣末で煮え切らないものだ。雑然としたそれらの失敗作たちが、新しい未来を作っていく。
(NY在住の翻訳家、横島智子)

————————————————-

コメント
New York Times Magazine特別号から。要約は巻頭の編集長によるコメントをまとめました。本記事では、2~4年で完成する予定の「革新的な」(しかし風変わりな)発明品が32件紹介されています。そのひとつが「電気布」で、身体の各部の体温差を利用して発電できる布地だそうです。この布地を使った携帯電話ケースをお尻のポケットに入れておけば、8時間で約15%充電可能とか。その他、欝がわかる血液検査や、食べられるヨーグルト容器など、想像力が刺激される次世代の発明品が並んでいます。

緊急時 人はなぜ逃げ遅れるのか:海原純子のハート通信

 先週末、アメリカ・コロラド州オーロラの映画館で銃乱射事件が起こり、70人以上が死傷するという悲劇的な事件となってしまいました。ちょうど発生直後、館内にいた人がとらえたカメラには、叫び声の上がったロビーで人々が混乱状態になった映像が映り、CNNで緊急放送されていました。

 こうした突発的な事件や地震や天災などの緊急時、人々が陥りやすい心理的な問題点と…
続きはこちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=62115