海原純子のハート通信

震災被災地で「心の健康」考えるセミナー:海原純子のハート通信

 東日本大震災から2年半が過ぎました。

 今回、復興庁は宮城、岩手の両県で「心の健康サポートセミナー」を主催し、日本医科大学が受託して実施します。両県にお住まいの被災者の方や、支援に携わってきた方々を対象に、心の健康についての講演会と講習会を行うものです。…
続きはこちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=88585

正しい情報で医療サポート:海原純子のハート通信

 2年間お付き合いいただきました私の連載も、今月で終了します。

 この間、読者の皆さまには、震災時のツイッター情報に関する調査や、がん治療選択に関する調査にご協力いただき、本当にありがとうございました。

 震災時のツイッター使用に関する調査は、アメリカの医学学術誌に発表し、要旨については読売新聞の論点に掲載しました。また、がんに関する調査は今年度、シドニーで行われた…
続きはこちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=88262

大切なのは医師との信頼関係…シドニーで学会発表:海原純子のハート通信

 第2回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会が10月18日、第1回大会と同じく、福島県で開かれました。

 第15回WCLC(World Conference on Lung Cancer、世界肺がん学会)が10月27~30日、オーストラリアのシドニーで開催され、私も参加して、がんのメンタルサポートの部門で発表してきました。

 大規模な学会はシドニーのコンベンションセンターが会場で、世界中から約6000人の研究者が集まりました。最近10年間の肺がん治療の…
続きはこちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=87543

「ポジティブ」効果を科学的に研究:海原純子のハート通信

 第2回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会が10月18日、第1回大会と同じく、福島県で開かれました。

 この医学会は、ポジティブネス(積極的、肯定的であること)という状態が人々の心や健康にどのような影響を与えるかを広くディスカッションし、ポジティブということを科学的に医療面から研究することを目的にしています。理事長は大野裕先生で、副理事長は坪田一男先生…
続きはこちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=86727

たばこの値段と売り上げの関係:海原純子のハート通信

 たばこ税とたばこ価格の引き上げによる、たばこの販売実績への影響という調査が、日本公衆衛生雑誌の9月号に掲載されていました。興味深い調査ですね。みなさんは値上がりが売り上げにどのくらい響くと思われますか。

 この調査は、大阪府立成人病センターがん予防情報センターの伊藤ゆり氏らの報告です。1998年にたばこ特別税がつくられて以来….
続きはこちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=86440

自殺を防ぐ「うつ」に気づくポイント:海原純子のハート通信

 10月6日、青森市の保健所主催の自殺予防を目的とした講演会に出かけました。市民の方が集まり、とても熱心に聞いてくださいました。自殺予防のため、いいネットワーク、心のネットワークを作りましょうというテーマでしたが、その中のひとつ「気づき」を….
続きはこちらから→http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=85821